東京で『相続』で弁護士をお探しの方はご相談ください。

東京で相続について相談できる弁護士をお探しの方へ

  • 文責:弁護士 石井浩一
  • 最終更新日:2022年3月9日

1 東京で相続にお悩みの方は弁護士法人心へご相談ください

東京やその周辺で、相続についてお悩みの方は、当法人の弁護士へご相談ください。

弁護士法人心 東京法律事務所は、東京駅・八重洲北口から徒歩3分、地下鉄・日本橋駅から徒歩2分の場所にあります。

弁護士法人心 池袋法律事務所は、池袋駅・西武口から徒歩3分の場所にあります。

どちらの事務所も駅から近くにありますので来所いただきやすいほか、来所が難しい場合にはお電話・テレビ電話で相談を承ります。

ご予約いただけますと、夜間・土日祝日にもご相談をお受けすることができますので、東京で相続にお悩みの方は、お気軽にお問合せください。

2 相続を得意とする弁護士がご相談を承ります

当法人では、在籍する弁護士が役割分担を行い、担当する分野の案件に集中して取り組むことで、それぞれが得意とする分野を持つことを目指しています。

相続につきましても、相続の案件を集中的に取り扱い、相続の分野で知識や経験を積み重ねている弁護士が、相談者の方のお悩みにお応えします。

3 相続のお悩みは弁護士へご相談ください

相続については、弁護士だけでなく、司法書士・行政書士などの専門家も相談を受け付けています。

しかし、弁護士以外の専門家が相談を受けられる範囲は限られており、特に遺産争いなどが起きた場合の相談をお受けすることができるのは、弁護士だけです。

弁護士であれば、相続の様々なお悩みについてご相談いただくことができますので、東京やその周辺で相続について相談できる弁護士をお探しの際は、当法人へお気軽にご連絡ください。

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

弁護士と他の専門家との違い

  • 文責:弁護士 石井浩一
  • 最終更新日:2022年3月24日

1 弁護士は法律業務全般について代理人になれる

相続において、弁護士は依頼者の委任を受けて、「代理人」になることができます。

代理人が代理権を有している範囲で、代理人が行った行為の法的な効果は、依頼者本人にも及びます。

大まかに申しますと、相続の手続においては、代理人が行ったことは本人が行ったことと法的に同一の効果を持ちます。

他方、司法書士、行政書士等の場合は、代理人になることはできず、あくまで書類作成等の「代行」を行うという形になります。

具体的には、次のような違いが出てきます。

2 具体的な違い

弁護士の場合、相続の手続きで必要となる書類の作成、戸籍謄本類等の収集、「代理人名義」の書類の提出、裁判所からの問い合わせに対する代理応答等を、弁護士の名義で行うことができます。

また、依頼者の代理人として、遺産分割の交渉や調停に臨むこともできます。

弁護士以外の士業の場合は、書類作成、戸籍謄本類等収集、申述書の提出等の「代行」を行うことができますが、依頼者の代理として他の親族との交渉を行うことはできず、また、裁判所からの質問や、その他の問い合わせへの対応を代理で行うことも原則としてできません。

相続相談を弁護士にするタイミング

  • 文責:弁護士 石井浩一
  • 最終更新日:2022年3月18日

1 相続相談は早いに越したことはない

「まだもめているわけでもないのに、弁護士に相談するなんて、大げさだな」と思ってしまったり、「相続人同士でもめているけど、血縁者同士だし、話し合いで何とかなるだろう」と思ってしまう方もいるかもしれません。

しかし、相続問題は非常に根深い問題であり、解決まで何年もかかってしまうことがあります。

そのため、重要なのは紛争防止対策と、紛争の迅速解決です。

これらを実現するためには、相続相談をなるべく早く行うことが何より重要です。

2 生前のうちに対策をしていきたい場合

だれしも、いつかは亡くなってしまいます。

もし、自分の遺産を巡って、家族同士が争ってしまうようなことがあれば、こんなに悲しいことはありません。

しかし、相続問題は、事前に対策を打っておくことで、未然に防ぐことが可能です。

たとえば、遺産の分け方で争いになることを防ぐためには、遺言作成が有効な対策になります。

しかし、遺言作成だけでは、万全とは言えません。

たとえば、「認知症で判断能力が無い状態で、無理やり作成させただろう」という主張をしてくる相続人がいるかもしれません。

そこで、遺言無効の裁判をされたときに備えた、証拠づくりも並行して行う必要があります。

こういったアドバイスは、相続問題を中心に扱っている弁護士から受けることが大切です。

年齢が若い時ほど、有力な証拠を作りやすいので、生前対策をお考えの方は、早めに弁護士に相談するとよいでしょう。

3 相続問題でもめてしまっている場合

すでに相続問題でもめてしまっている場合であっても、やはり早いうちから弁護士に相談することが大切です。

その理由の1つとして、「時間が経過するほど、証拠がなくなっていく」というものがあります。

また、さらに大きな理由として、「もめごとを放置すると、解決がどんどん遠くなる」というものがあります。

相続問題は、遺産の分け方だけでなく、様々な感情が噴き出す場面でもあります。

そのため、遺産の分け方を決めるはずの話し合いが、全く関係ない点でもめてしまい、結果的に相続人同士で話し合いができないほど関係が悪化してしまうことがよくあります。

弁護士が早いうちから間に入って、スムーズな交通整備ができれば、もめごとを迅速かつ適切に解決することが可能になります。

相続の相談先をお探しの方へ

  • 文責:弁護士 石井浩一
  • 最終更新日:2022年3月9日

1 相続税についても詳しい弁護士にご相談ください

相続財産が一定の金額を超えると、相続税を支払う必要が発生します。

相続税を減額する特例は、数多くありますが、その多くは「誰が」遺産を取得するかにより、適用できるか、できないかが決まっています。

そのため、遺産分割の際には相続税の特例も考慮した上で決める必要があります。

また、相続税上の評価額と、現実の評価額は、不動産や株式、債券等で大きく異なりますので、相続税に精通していない弁護士に依頼をしてしまうと、思いがけない税負担や、特例が適用できないといったことが生じてしまうリスクがあります。

相続税についても知識のある弁護士にご依頼いただければ、こうしたリスクを回避することができるかと思われます。

2 税理士に任せるリスク

税理士に相談をすると、今度は相続税法上の合理性を過度に重視してしまい、不公平な分割方法を提案されてしまう恐れがあります。

また、財産の分け方をめぐってトラブルになった際に、税理士では紛争を解決することができません。

依頼者の方の代理として他の親族の方と交渉を行ったり、紛争解決に向けてサポートすることができるのは弁護士だけです。

真に公平な分割方法なのかどうか疑問が生じた場合には、相続税に精通した弁護士に一度相談してみましょう。

3 弁護士法人心にご相談ください

弁護士法人心の相続チームの弁護士は、相続税申告を行っている弁護士兼税理士が多く在籍しており、日々弁護士業務に関する研修の他に、税理士業務に関する研修も行っております。

弁護士法人心東京法律事務所は、東京駅から徒歩3分、日本橋駅から徒歩2分のところにございます。

平日の夜間や、土日の相談が可能であり、相続に関するご相談は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。

相続事件で弁護士を依頼するメリット

  • 文責:弁護士 石井浩一
  • 最終更新日:2022年3月9日

相続事件で弁護士を依頼するメリットは様々ですが、特に大きなメリットは以下の2点です。

1 豊富な相続の知識を用いて、解決ができる。

相続手続は、税法上の様々な特例や、作成する様々な書類により大きな差が出る手続です。

いくつか例を説明していきます

⑴ 紛争に関する知識

紛争に関する知識は、紛争業務を多く行う弁護士が持っています。

相続に関して、両者に様々な主張はありますが、その主張が法的に主張して意味があるのか、証明はどのようにするのか、裁判所はどのように判断するのか、一般の方は知りようもありません。

インターネットには情報があふれていますが、司法判断に関しては誤った情報が溢れており、正しい判断を一般の方がすることはとても困難な時代です。

事実をどのように構成して主張をしていくのか、調停や審判になった場合の見込み等を踏まえて、クライアントに最善の解決を実現していくのが弁護士の仕事です。

⑵ 作成する相続手続書類に関するテクニック

遺産分割を解決するために作成する書類は遺産分割協議書だけではありません。

相続人が多い場合や、一部の相続人のみが納得しない場合には、他の相続人から相続分を買い取る相続分譲渡という方法をもちいるため、相続分譲渡証書を作成する必要があります。

相続分譲渡証書は、数次相続が発生している場合等は特に記載が複雑で、一般の方に作成することは困難です。

⑶ 相続税の特例を利用した分割方法

不動産を売却することが決まっていても、代償分割にするか換価分割になるかで税務上の取り扱いは大きく異なります。また、不動産を誰が取得するか、売却のタイミング等により、小規模宅地の特例の有無が決まることもあります。

これらの知識の有無により、数百万円の差が出てくることはよくあります。

2 実務経験に基づく交渉

相続事件の特徴は、説得する対象が多くなりやすい点です。

相続実務に詳しい弁護士であれば、上述した様々な知識を用いて、様々な相手方、裁判官、調停委員とのやり取りを踏まえて、お客様に最善の解決を伝えることができます。

交渉事ですので、相手方や裁判官、調停員等、関係者の心を動かしていく必要があるわけですが、一般の方では、相手方との間では感情的な問題がありますし、裁判官や調停員との間では知識面で差があり、説得していくことが困難ですが、相続実務に詳しい弁護士であれば、対応することが可能です。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

相続に関する争いは弁護士にご相談ください

相続の際には、どの財産を誰が取得するかということが、しばしば問題になることがあります。

介護の負担や家族間の関係などにより、不満が生じてしまい、争いが起こることがあります。

また、相続人の中に故人が生きていた頃特別に物を貰っていた人などがいると、「生前贈与を考慮して相続分を決めるべきだ」と主張が行われることもあります。

このような争いが起こると、当人同士だけではなかなかまとまらず、争いが長引いてしまうおそれもあります。

そのような時には、弁護士にご相談いただくことにより、法的な面から的確に主張を行い、交渉を進めることが可能です。

また、遺言書によって特定の相続人にすべての財産を相続させることになった場合でも、遺留分減殺請求を行うことにより、一定の相続財産を取得できる場合があります。

そのほか、弁護士にご相談いただくことにより相続に関するさまざまなことをサポートさせていただくことができますので、東京で相続についてお困りのことがある方はぜひ一度弁護士への相談をご検討ください。

こちらは、弁護士法人心が東京の方に向けて弁護士への相続相談に関する情報を掲載しているサイトです。

Q&Aやお役立ち情報など、弁護士への相続相談に関するさまざまなページをご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

お問合せ・アクセス・地図へ